耳鳴り

耳鳴り・難聴は、脳や中枢神経の異常で起こることもあります。耳鳴り・難聴を感じたときは、まず専門の機関で受診しましょう。
検査をしたが、異常が見つからないといった場合は、当院へおこしください。

2種類の耳鳴り

  • 他覚的耳鳴り
    耳鳴りの音源がはっきりしている、気のせいではない耳鳴りのことを他覚的耳鳴りといいます。この耳鳴りは他の人が聴診器を使えば聞くことができます。血液の流れる音が聞こえたり、自分の呼吸の音など耳鳴りに聞こえたりする場合があります。自分の体の内部の音が響くように聞こえることもあります。
  • 自覚的耳鳴り
    耳鳴りの音源が本当にあるかわからない耳鳴りを自覚的耳鳴りといいます。内耳(耳の中)の神経に問題があることがあります。
    病院で診てもらっても、気のせいなどと言われることもあります。

2種類の難聴

  • 感音声難聴
    耳の中の、音を感じる場所で何らかの問題があり、耳鳴りや難聴になることを感音声難聴といいます。音は、耳の中にある鼓膜・小耳骨・蝸牛という場所で感じます。外から耳に入る音は鼓膜を振動させます。振動して感知した音を小耳骨が蝸牛に伝えます。蝸牛は音を電気信号に変えて、蝸牛神経に送ります。この鼓膜から蝸牛までのの間でトラブルが起こることを感音声難聴といいます。
  • 伝音声難聴
    鼓膜・小耳骨・蝸牛で感じた音を、脳に伝える場所でトラブルが起こることを伝音声難聴といいます。音は蝸牛で電気信号に変えられてから蝸牛神経で脳に伝わります。このとき、蝸牛神経に問題が生じて、脳に電気信号が伝わらない。または、脳が電気信号を感じられない場合を、伝音声難聴といいます。

原因

耳鳴りの原因となるメカニズムは、まだはっきりと解明されていません。しかし、自律神経の乱れることで他の神経が乱れることはよくあります。自律神経が乱れると、血管を必要以上に細くしてしまう作用があります。すると耳の内部に血液が届きにくくなります。
そのため自律神経の乱れが耳鳴りを起こしていると考えられます。

また、硬膜という脳や耳に関わる器官を覆っている膜があります。頭の骨のゆがみや、背骨・骨盤の傾きが、硬膜を引っぱったりします。硬膜に引っぱられることで、耳鳴りが起こることもあるので、頭の骨のゆがみや、背骨・骨盤の傾きが、耳鳴りの原因になることもあります。

さらに、難聴やめまいからも耳鳴りを起こす場合があります。 これは、音を感じ取る蝸牛の隣にめまい(平行感覚)を感じる三半規管や前庭神経が位置しているからです。

なぜなら、音を感じる蝸牛神経と、平行感覚を感じる前庭神経は、一本の神経(内耳神経)から枝分かれしたものだからです。内耳神経に問題があれば、めまい・耳鳴り・難聴も起こることになります。

繰り返しますが、めまい・耳鳴り・難聴を感じた場合は、まず専門の医療機関で検査を受けて、異常が見つからないようでしたら、当院にお越しください。

» 施術の流れについてのページはこちら «

詳しくご相談をされたい方は下記へご連絡ください。

まずはお電話で、ご予約・ご相談下さい


山手自律整体院はいつでもあなたの力になれるよう土曜・日曜も開院しております。


夜しか来院できない方のために…

事前にご予約いただければ 22:00からの施術も可能です。
お気軽にご相談ください。(水曜定休)

» ご予約、料金、地図についてのページはこちら «


<お知らせ>

2月1日から新店舗での営業となります。
新住所:〒231-0845 横浜市中区立野73 立野ビル101(電話番号は同じです)


喜びの声

メディア掲載情報

QRコード


  • 横浜市の中区・本牧・磯子区・根岸・西区・神奈川区・栄区などからも、多数ご来院されてます。

↑ このページの先頭へ