2月1日から新店舗での営業となります。
新住所:〒231-0845 横浜市中区立野73 立野ビル101(電話番号は同じです)


5月28日(火)、5月29日(水)は勉強会のためお休みいたします。

図で見る平衡感覚、聴覚

まっすぐに立っているための平衡感覚器と、耳から入ってきた音を脳へ伝える聴覚器は、頭の骨の中にあります。


●平衡感覚器と聴覚器は一つの神経(内耳(ないじ)神経(しんけい))が枝分かれして、それぞれの感覚器を管理しています。また平衡感覚器と聴覚器は隣同士に位置しており、繋がっています。そのため、めまいと耳鳴り・難聴は同時に発症することがあります。

*


●平衡感覚器は三半規管(さんはんきかん)(前庭(ぜんてい))とよばれ、この内部はリンパ液が入っています。人間の体が動いたり傾いたりすると、三半規管の中のリンパ液が体の動きに応じて揺れを感知することにより、その感覚が脳へ伝えられます。

*


●音を感知する器官は蝸牛(カギュウ)とよばれ、カタツムリのような形をしています。蝸牛もリンパ液が入っています。

耳から入ってきた音(振動)は鼓膜を震わせて、鼓膜の振動が耳小骨という骨を介して、蝸牛に伝わります。その振動が蝸牛の中のリンパ液を揺らして、脳が感知するようになっています。

*

平衡感覚も聴覚もリンパ液の働きが非常に大切に大切になってくるのですね。

» 施術の流れについてのページはこちら «

詳しくご相談をされたい方は下記へご連絡ください。

まずはお電話で、ご予約・ご相談下さい


山手自律整体院はいつでもあなたの力になれるよう土曜・日曜も開院しております。
(水曜日定休)

» ご予約、料金、地図についてのページはこちら «


喜びの声

メディア掲載情報

QRコード


  • 横浜市の中区・本牧・磯子区・根岸・西区・神奈川区・栄区などからも、多数ご来院されてます。

↑ このページの先頭へ