2月1日から新店舗での営業となります。
新住所:〒231-0845 横浜市中区立野73 立野ビル101(電話番号は同じです)


5月28日(火)、5月29日(水)は勉強会のためお休みいたします。

鼻づまり・眉間の違和感

自律神経失調症の患者様には鼻づまりや鼻の奥の違和感・眉間の違和感などを訴える方がいらっしゃいます。 これらの症状は頭や首の筋肉が硬くなって起こるだけでなく、慢性的に鼻の奥の筋肉が硬くなったり粘膜が炎症し、鼻道(鼻の空気の通り道)が狭くなることで起こることがあります。

また、横浜市中区にある山手自律整体院には、外科的な手術をしても鼻づまりが改善されなかった患者様も多く来院されます。 その患者様の多くは鼻の骨が曲がっている、鼻の中の空間が狭いなどの理由で手術されています。 物理的に考えればその手術をすれば空気の通りがよくなるはずですね。

しかし、それだけでは改善しないことがあります。 なぜこのようなことが起こるのでしょう。 それは自律神経が関係しているからなのです。


鼻づまりになる原因

頭や顔の骨のバランス

自律神経失調症の患者様の多くは、頭や顔の骨のバランスが悪くなっています。 頭・顔のバランスが悪くなると、筋肉や皮膚が引きつったり硬くなったりします。 鼻の奥の筋肉や粘膜も頭・顔の皮膚とつながっているため、頭・顔の筋肉の影響を受けます。

そのため鼻の奥の筋肉・粘膜に異常がでることにより鼻道(鼻の空気の通り道)が狭くなり、鼻づまりや鼻の奥・眉間の違和感が起こります。また、喉の筋肉が硬くなることにより、鼻づまりになることもあります。


自律神経のバランス

また、鼻の中の筋肉や粘膜、血管は自律神経によって調節されていますので、自律神経のバランスを整えることも重要です。


鼻づまり解消のために整体を

マッサージや普通の整体でこれらの症状が軽減すればよいのですが、慢性的な鼻づまりなどが長く続く方は施術を受けてもすぐに元に戻ってしまうことが多いです。
その場合はマッサージ・普通の整体で頭・首の筋肉を柔らかくするだけでなく、


  • 頭・顔の骨を調節して、自律神経のバランスを整える。
  • 特殊な施術方法で、直接鼻の空気の通り道を良くしてあげる。
  • 鼻の筋肉は口の中の筋肉、首の筋肉、肩の筋肉ともつながっています。
    自律神経が乱れて、体が緊張して肩首・口・喉の筋肉が硬くなることでも鼻の中の筋肉を緊張させるため、空気の通りが悪くなります。
  • 胃の動きが悪くなり、筋肉が硬くなります。胃・食道・喉・口・鼻はすべてつながっています。
    そのため胃の筋肉が硬くなるだけでも鼻づまりの原因になることがあります。

などの方法で、鼻づまりなどにアプローチしています。


鼻づまりでお困りのときは

横浜市中区にある山手自律整体院の自律神経専門療法コースでは、鼻づまりの解消のために鼻だけでなく、自律神経・頭・顔・口の中・のど・首・肩・胃の筋肉の調節も同時に行うことで多くの患者様に喜んでいただいております。
慢性的な鼻づまりなどが長びいてお困りの際は、お気軽にご相談ください。


» 施術の流れについてのページはこちら «

詳しくご相談をされたい方は下記へご連絡ください。

まずはお電話で、ご予約・ご相談下さい


山手自律整体院はいつでもあなたの力になれるよう土曜・日曜も開院しております。
(水曜日定休)

» ご予約、料金、地図についてのページはこちら «


喜びの声

メディア掲載情報

QRコード


  • 横浜市の中区・本牧・磯子区・根岸・西区・神奈川区・栄区などからも、多数ご来院されてます。

↑ このページの先頭へ