顎関節症

一般的にアゴの痛みや、顎関節症には次の症状があります。

  1. 咀嚼筋(噛む筋肉)の痛みと、アゴの関節の痛み
  2. アゴの関節の雑音
  3. 口を開くなど、アゴの運動の異常
  4. 随伴症状(合併症)
  1. 咀嚼筋(そしゃくきんん)の痛みとアゴの関節の痛み
    顎関節症の痛みには、咀嚼筋といわれるアゴの開閉運動をさせる筋肉の痛みと、アゴの関節の痛みとがあり、どちらもアゴを運動させた時におこります。口を開閉したときに痛みがでることがほとんどで、何もしないときによる痛みが起こるのは稀です。
    (痛みの割合としては、関節の痛みより、筋肉の痛みが圧倒的に多いと言われています。)
  2. アゴの関節の雑音
    関節の雑音は、顎関節のクッション材として働く関節円板(クッションのようなもの)がずれておこります。アゴの開閉時に下顎頭(アゴの骨の付け根)が、関節円板を乗り越えるときに起こる「ガク、ガク」といったクリック音。また顎関節のデコボコがこすれる時に起こる「ザラ」「ミシ」といったクレピタス音とがあります。
  3. アゴの運動異常
    アゴは開け閉め、前後、側方(左右)の運動ができます。しかし、噛む筋肉の過剰な緊張(筋肉が異常に硬くなる)や、関節円板のずれ、アゴへのなんらかの衝撃による損傷などによって、アゴの運動異常が起こります。
  4. 随伴症状(合併症)
    顎関節症にはこのような症状がありますが、その他にも次のような症状も伴うことが多いです。

頭痛・めまい・耳なり
耳の閉塞感・肩こり・首こり
手のしびれ・歯ぎしり
アゴの疲れ・飲み込みづらい
自律神経失調症・うつ病

*
顎関節は、全身に症状を起こしてしまうのです。

顎関節の構造と運動

アゴの関節はデコボコの関節です。デコ(凸)の部分を下顎頭(かがくとう)、ボコ(凹)の部分を下顎窩(かがくか)といいます。その下顎頭と下顎窩の間に関節円板というクッション材があり、関節の動きをスムーズにしています。

顎関節の特徴は他の肩や股関節とは異なり、左右の二つの関節からなり、また同時に動作を行う関節でもあります。さらに顎関節には首や頭蓋骨も関わっているため、アゴの左右のバランスのほかに、首、頭蓋骨のバランスといったアゴだけでなく全体的な影響を受けます。

アゴの運動

アゴの動きは、開け閉め、前後、側方(左右)に動きます。アゴの開閉運動には2種類の動きがあります。小さく開く場合には回転のみで、大きく開く場合には前方移動が加わります。関節円板はアゴの開閉運動をスムーズに行うためにあります。
しかし、関節円板がずれると、かえってアゴの開閉運動を妨げてしまいます。

口を開けるときに、下顎頭が前方に移動することはお伝えしましたが、たとえば関節円板が前にずれると、口を開けるときに関節円板が邪魔をして下顎頭が前に移動できなくなります。ずれが小さければ、下顎頭は関節円板を乗り越えて前に進むことができます。これを復位(関節円板と下顎頭が正しく合わさる)と言います。
この際に「カクッ」と音が出るのがクリック音と呼ばれるものです。

しかし、関節円板の前方へのずれが大きくなると、下顎頭が関節円板を乗り越えられず、アゴが大きく開けられなくなります。この際、痛みを伴うこともあります。

» 施術の流れについてのページはこちら «

詳しくご相談をされたい方は下記へご連絡ください。

まずはお電話で、ご予約・ご相談下さい


山手自律整体院はいつでもあなたの力になれるよう土曜・日曜も開院しております。


夜しか来院できない方のために…

事前にご予約いただければ 22:00からの施術も可能です。
お気軽にご相談ください。(水曜定休)

» ご予約、料金、地図についてのページはこちら «


<お知らせ>

2月1日から新店舗での営業となります。
新住所:〒231-0845 横浜市中区立野73 立野ビル101(電話番号は同じです)


喜びの声

メディア掲載情報

QRコード


  • 横浜市の中区・本牧・磯子区・根岸・西区・神奈川区・栄区などからも、多数ご来院されてます。

↑ このページの先頭へ